「1でもあり0でもある」…58 アレス救出

  
 アレスの宮殿に衝突の衝撃波が迫っています。
 しかしアレスには逃げる手段はありません。
 アレスはこのとき、六爻占術の「連続相生」を思い出しました。
 まさにそれです。
 外宇宙から来た隕石が火星に当たり、それを地球に運ぶ。
 アレスは満足でした。
 水際ギリギリにコントロールして落としたのは自分です。
 仕事は貫徹しました。
 悔いはありません。
 
「あと一分の命か・・」
 
 彼はビーナスと過ごした日々を思い出していました。
 その瞬間、窓から金色の光が差し込みます。
 
「アレス、早く乗って!!!」
 
「美・・ビーナス!!!」
 
 アレスを乗せるとビーナスは急上昇を開始します。
 しかしバックミラーに映ったのは、キュオリでした。
 ビーナスはその瞬間Uターンします。
 キュオリは「来ちゃダメ」のジェスチャーを送ります。
 残り時間はあと5秒。
 
続く

六爻無料サービス : 投稿者 もりけん : 2013/01/14 11:29:33 | コメント

 

ツインは巳年に対応

 
 私の車はツインと言います。
 二人乗りだからです。
 リボンと乗れば、もう満員です(笑)。
 巳は五行に直すと「火」で、数字に対応させると「2」です。
 火星は火の五行ですが、衛星はやはり2個です。
 
 2という数字は、やはりいいです(笑)。
 陰陽のペアでもあります。
 アセンションにはどこか、一方を切り捨てて一方を救済するような響きも感じました。
 私はその間中「ゼロでもあり1でもある」という特集を書いていました。
 今年は陰陽の両方を認める年かも知れません。
 

 
 車の向こうに見えるカラフルなのはリボンのレインコートです。

六爻無料サービス : 投稿者 もりけん : 2013/01/14 08:03:29 | コメント